Spring / Summer 2022 For Buyer

バイヤー様各位
SUTOOHは、AW21よりスタートしたニット・カットソーを中心としたレディースブランドです。SSはカットソー、AWはニットを主軸に、年2回の展示会をベースに活動していきます。
''上質で肌あたりの良い原料だけれど特別過ぎない、生活の一部として着る為の日常着。ベーシックをブランドなりの解釈で創造的に表現する。’’ をコンセプトに、ライフスタイル系ブランドとして日常着をデザインしていきたいと思います。
2ndシーズンとなるSS22の商品は、全て“ 編み物 ”で構成しています。ニット・カットソーがメインのブランドなので、必然的に上物が中心となります。AW21もトップスのみの展開となっていたので、次のシーズンはブランド内でコーディネート提案が出来るよう、ジャージ素材だけどカジュアル過ぎないボトムをデザインしようと決め、素材開発に取り組みました。また、男性も着られるユニセックスアイテムも2品番デザインしました。
  カットソー7型、ニット3型でのご提案になります。※税込み価格です
《 Tricot Stripe Jersey 》《 Tricot Jersey 》
トリコットとは、経編機を使用し緻密に編まれた布帛のようなジャージ組織です。天竺やリブ等、多くのジャージ(ニットも)は横編み機を使用し編まれていますが、トリコットは機械が異なり経編機で編まれます。スポーツウェア、肌着用の素材として合繊を使用し編まれることが多い組織ですが、繊維長の長いスーピマコットンの細番手の双糸を使用し編み立てる事で、カジュアル過ぎないSUTOOHの目指す上質な日常着に落とし込みました。
無地のTricot Jersey、ストライプのTricot Stripe Jerseyの2パターン素材を編立て、アイテムごとに適したデザインに落とし込みました。ストライプは、無地x同色のメッシュ組織で表現し、大人っぽい透け感のある素材に仕上げました。無地の長袖が、ユニセックス商品になります。
《 Light Weight Jersey 》
トリコットと同じスーピマコットンの更に細番手の双糸を使用し、薄手の天竺を編立てました。度目を限界まで詰める事で凹凸の少ない表面感にし、サラッとした肌触りの中にも若干のドライ感を兼ねそろえた、春夏に適した着心地の良い素材に仕上げました。今後、SUTOOHの定番素材として、一枚着 / インナーとして展開していきます。Tshirtsはユニセックスでの展開になります。
《 Linen Silk Cardigan 》
通気性、吸湿速乾性に優れたリネンと、繊維が細く熱伝導性が低い為肌あたり良く涼しく着られるシルクの糸を撚り上げ、カシュクールをデザインしました。リネン54% シルク46%と、シルクの混率が高くリッチな素材です。着丈はヒップが隠れる長さ、紐で腰回りの寸法を自分自身の着方で調整出来るデザインになっているので、ゆったりと着られます。後ろ見頃の衿下にSUTOOHのクロスマーク、袖リブ上にダイア柄をささやかにデザインしました。
《 Cotton Linen Code Vest 》《 Cotton Linen Code Bag 》
細番手のコットンとリネンの混紡糸 (ワタの状態で素材をブレンド後、糸に撚り上げた糸)を束ねて撚糸する事でコードヤーン(ロープの様な糸を指します)に加工した糸を使用。コードの目が立ったような独特で綺麗な表情に編み上がります。SUTOOHらしいケーブルx透かし編みで柄をデザインしました。バッグは熱で溶ける特殊な糸を使用する事で固さを出しました。ベストもバッグも同素材を使用していますが、触り比べると硬さが違います。
《 シーズンカラー 》
White, Light Grey, Black等のベーシックカラーに加え、フレッシュで爽やかなMint(ミント)、深い森の奥をイメージしたDeep Forest(深い森)。2色の淡い、濃いグリーンをキーカラーとしたコレクションになります。
《 デザイナープロフィール 》
吉田里子
女子美術大学にてコスチュームデザインを専攻後、セントラルセントマーチンズ入学の為渡英。ヨーロッパの感度の高いファッションやアートと常に隣り合わせにおり、イギリスでの生活が自身の感性を養う大切な時間だっだと考えています。大学を卒業後、国内外のコレクションブランドにて二ット、カットソー、小物のデザイナーとして10年以上キャリアを積んでまいりました。2020年8月まで在籍していたマーガレット・ハウエルに携わる中で経験した、国内の協力工場様と妥協のない物づくりへの姿勢、上質な天然繊維100%の原料へのこだわり、ライフスタイルブランドとしてのデザインの在り方、英国ブランド独特の色彩感覚が、自身の今後の方向性を大きく構築したと考えています。
2021年1月に個人事業主としてトトデザインズを開業。SUTOOHの運営以外に、フリーランスのデザイナーとして国内外のクライアントへのデザイン提案業も行っております。
※ SUTOOHのデザイナーとしてはプロフィールを公開していかない予定となります